笑っている女性

事前処置など

応援する人形と緑

事前措置としての障害相談

雇用状況が人手不足となり、障害者の求人への応募も見かける時代になります。20数年前から、精神疾患の人に関して精神障害者という枠組みがもうけられました。社会復帰するにあたって、精神障害者だからというデメリットなく暮らしていける施策が充実しています。その障害者の自立を目標にして、収入を補完する役割りが求人にはあります。大企業ではこうした障害を持つ人の、就職に関して前向きな姿勢ではあります。求人案件を探してみると、雇用枠のなかに応募可能な案件が増えます。その点は就職活動の、取り掛かりとして優遇といえます。そこで応募者のなかから、自分の障害を隠さずオープンにするに至ります。あまり自分の障害を隠すことよりも、事前措置を講じることの方がよいと判断される点でしょう。

就職窓口への相談で調整をしてもらおう

ハローワークの窓口では、大企業からの障害者求人の紹介を行います。たくさんの求人のなかでも、大企業は障害に関わる雇用へ積極的といえます。ただ現状での雇用となると、就職が決まってもすぐに辞めてしまうこともあるそうです。一部の大企業では窓口として、優遇の措置が取られて調整をおこないます。これには障害者の人も、一般の人と同じ職場での共存が求められるからです。同じ職場での共存する体制を整えたのちに、やっと勤務状況へ定着がみられるでしょう。しいて共存したうえで、協調していけるとなると継続しての雇用が実現します。そうした取り組みのなかでは、本来の人間関係の構築などができます。もし自分に障害などがあるとすると、就職窓口への相談で調整を試みてもらう事が得策でしょう。